インフレ進行でNY金先物、大幅続伸922ドルで終了。

世界規模での信用収縮、通貨下落の流れを受けて金が買われた。高値圏にもかかわらず投資マネーの一部がヘッジ、投機の両面を睨み流入。インフレを懸念する年金資金や個人資金もETFを通じて残高が過去最大を記録している。国内価格も円高の影響で値上がりはゆるやかだが当面1g3500円を目指す展開になりそうだ。個人といえども資産の5%程度は金現物で持つ時代になったのではないか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました