今週の日経平均、一喜一憂の動きか?

はっきり言ってサブプライムなんて話はもう聞き飽きたが今週もこの損失を巡って相場は乱高下する模様。米経済の減速を織り込むまで時間をしばらく要すことから株式市況もしばらく軟調な展開だろう。多くの関係者が5月末の日経平均を15000円台と予測することから上値を追う可能性もある。世界的にインフレ傾向がはっきりしているので株式をホールドすることは歴史的に見ても良い資産ヘッジになると思うのだが、そんなことはどこにも書いてない。まぁ目先の事で精一杯なんだろうなぁ。こんな停滞期にはポートフォリオの見直しをお薦めする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました