日経平均、続伸で終了。

米国のサブ関連の救済策を金融市場が好感。金融市場は安定を取り戻しつつある。もっとも米国経済の減速はいまだ未知数、予断を許さない買い戻しであることには今後も注意が必要ではある。ただ日本市場は一連の騒動に過敏に反応しすぎておりいまの株価はいずれ水準訂正の運びとなるはずである。為替動向を注視しながら丹念に銘柄を拾いたい。出遅れ感の強い協同飼料、オエノンホールディングス、メルシャン、ミヨシ油脂を食品セクターから推奨したい。次回は建設セクターからお宝銘柄をあぶり出す予定である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました