日経平均14000円台回復

前日の米国市場が大幅に上昇したことから日経平均も上げ幅が300円近くなり14000円台を回復して終了した。今朝のダウも続伸したことから休み明けも小高く推移の展開か?米国の金融不安後退からドルの買い戻しも進み1ドル105円台へ。。相場は予断を許さないが緩やかに右肩上がりの展開だろう。もはや12000円割れなどはないと思われる。金利の低下からもしかすると業績相場から金融相場に移行することも考えられる。だとすれば景況感の悪化を織り込みながら個別銘柄を物色する動きが出て賑やかになるかもしれない。さてどうなるやら・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました