ダウ120ドルを越える下げで終了。

個人的には持ち高調整域の下げだと思うがニュースによればAIGグループの巨額赤字計上を嫌気で売りを誘い心理的に弱気に傾いたとある。。確かにそうかも。でも赤字額の倍近い増資も同時発表なので問題ないだろう。シティーの資産売却報道も正常化としての道筋と考えればプラス評価と考える。日本が10年間かけて処理したバブルの精算を米国は一年未満で進めている。来春まで余震は続くが出口は見えていると思われる。米国とはやはり凄い国だと思う。問題は原油高と目先のドル安、為替も102円台をつけている。とりあえず日経シカゴ先物にサヤ寄せし月曜日の日経平均は売り先行だろう。為替次第だが仕掛け的な動きで101円突入だと300円くらいの下げはあるかもしれない。ただ中低位株は小動きで影響は軽微か?主力株なら東洋紡に注目、200円前後なら5円配当を考えると割安と思うが他にも山ほど銘柄はあるのでチェックのみと言うことにしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました