日経平均14000円台回復

前場寄り付き利益確定の売りに押されたが一巡すると年金、投信の買いに支えられ続伸、日経平均は14000円台を回復している。これに信用余力が増した個人の追随買いも見られ週末特有の売りはみられない。米国金融不安後退で心理的側面もあり後場も堅調な展開か?底上げムードで出遅れ感の強い銘柄物色に矛先が向くが、さぁてどれにしようか・・資金余力があれは紀州製紙の130円台は年内ホールドで利益五割を目標に買いたいところだが・・週明けポートフォリオと相談で打診買いから入るかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました