日経平均、大幅反落で終了

今日は予定通りの推移だった。同じ200円越えの下げでも今日の下げは押し目に相当。今週は若干の不安定要素はあるが拾うにはいい一日だったと思う。今晩のNYが下げると明日も今日程度の調整はあるだろう。内外の経済指数を織り込みながら13500円〜14800円程度のボックス相場がいましばらく続くかもしれない。国内経済は原材料高や円高傾向で減速気味、当期の経常利益も保守的な企業が多い。一般的には売り材料だが一度この数字が控え目と確認されれば上値追いの展開となるだろう。つい前まで為替は1ドル115円前後だった。いまの株式市場にとってこの為替だけでも大きなインパクトを持つ。丁寧なスクリーニングでポートフォリオを作成したい。本日は鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス、8236丸善をアップしたい。書籍販売大手だが活字離れと消費低迷のダブルパンチで業容が低迷、現在苦境にある。大和シンパルが優先株を発行し財務面を補強してきたが抜本的なテコ入れで流通卸のトーハンが経営に参画。さらに今年の初めに大日本印刷が名乗りを上げて第3者割り当て増資引受けを実施。現在持分法子会社として再建計画がスタートしたばかりである。ブランド以外には買う理由もなく見送り決定のつもりだったが、財務面が一段落したので思惑で動きたい。今後の大日本との協業はいまだ未知数だが現在株価は第3者割当価格に近い。100円前後を目途に年内ホールドで5割の利益を追いたいと思う。丸善を買うと言うよりは大日本を買うといった感じで参戦すれば不安も解消しよう。大日本にとって川上から川下までの構築は経営のテーマでもある。値動きが軽ければ短期筋も乗じて意外高があるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました