日経平均、気迷い気分強く小動き

寄り付き反発して始まるが昨日のアジア市場急落を背景に模様眺め気分が強くじり安の展開、一時14,000円台を割込む場面もあったがかろうじて前場はプラス引けで終了した。本来なら円安を好感して輸出関連を中心に買い戻しが進むはずだが目先が変われば一気に風向きも変わる、まさしく梅雨相場でもある。中低位株でも日配合や協同飼料などは利益確定の売りに押されて一段下げ、上方含みのアツギや高島などは上値追いの展開だった。新興市場は元気ナシ。SQも控えているのでキャッシュポジションを上げる機関も多いと聞くが、だいたいSQだ、大変だと騒ぐときは案外無事通過ということが多かったと思う。チャートはいずれも下げ局面ではなく利益確定の売りと押し目に相当。慌てることはないだろう。さて後場は?弱含みのような気もするし機関の買いで案外高値追いの気もする。迷ったら売りと言うが本日は未熟につき逆のナンピンを入れてしまう有り様である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました