ダウ小動きで終了

ナスはマイナス、原油は上げ金先物は急落した。。主因は後付けで何とでも説明されるが、米系金融機関は決算明けでウォーミングアップ中である。米国経済の減速が明確なので徹底的に売り込みたいところだが、それは自身の売りともなり財務が棄損する。自分の財布をはたいてまでギャンブルに興じるには気はないのだ。一度、大きく底を叩くまでは静観か?中国上海市場は反落、節目も大きく割り込んでいることから目先2500ポイントの攻防か?安いがまだ買えない。週明け月曜から、いよいよ金ETFが東証に上場される。新たな商品として世界的ヒットだが日本の買いで再び1オンス1000ドル台をつけることとなるだろう。金もずいぶん高くなったが買うならいまである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました