ダウ急落、ナス反発。

ダウの売りが止まらない、遂に心理的節目である11000ドルをあっさり割り込んで終了した。米金融機関の倒産が相次ぎポートフォリオの資産毀損を防ぐために損失覚悟の売りが続いている模様だ。証券当局は空売り規制するとの思惑もあり、日本市場が崩壊寸前の時に実施した政策に近い内容で驚いている。ただ問題解決までのスピードがとにかく早いことから経済減速も早晩、織り込むとするのなら市場への資金回帰は意外と早いのかもしれない。原油は需要減退予想を嫌気して大幅に下げて終了、金先物は利食いをこなして続伸して終了した。為替は目先米国売り、すなわちドル売りで円高進行。よって日本市場は単純に考えると売り優勢である。夜明けはまだ先のようである。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました