ダウ大幅続伸で終了。

米主要金融機関の四半期決算を好感してダウは大幅に続伸して終了した。ナスも高い。一方、原油先物は3日続落、130ドルを割り込んで終えている。価格が目標に達成したことや買い疲れが目だっており利食いに押された格好だ。実態経済が後退して実需が減るとの観測も売り優勢とした一因だろう。サプライズとしてイランに米国政府が外交を中心とした出先機関を作るとの報道も流れが変わったとの思惑も誘ったようだ。金先物は手堅く反発して970ドル台を回復、目先1000ドルがポイントとなるだろう。日本市場は本日も買いからスタートだが意外や13000円の壁が厚い。ホントに景気が悪いのだと痛感している次第である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました