日経平均反落で始まる。

昨日の大幅な上げの反動で利食いからスタート、日経平均は小幅反落で始まっている。今朝のダウ、ナスも続伸、原油続落。さらに円安に振れるなど買い材料には事欠かない。政府の微妙な?景気対策にも淡い期待がありなんとか13000円は維持できる水準だ。オリンピックで大きな混乱がなければ下値は安定すると思われる。ちょっとした減益でも株式が叩き売られる傾向があるので、ここは避暑に徹したい。ドン底銘柄としてトーア紡コーポ、丸善、蛇の目、コンベア、あたりは秋の収穫にはもってこいの銘柄だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました