日経平均小幅反発で終了

寄り付き米国市場の下げを嫌気して続落したが次第に買い優勢、一時100円を越える上げも見られた。ただ週末ということもあり手仕舞う動きも見られ小口の売りで値を消した。第一四半期の発表も終盤戦を向かえ期待は政府の景気対策にシフトしつつある。13000円の大台を維持したことで下値不安心理も後退、週明けは手堅く推移するものと思われる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました