日経平均大幅反落で前場終了。

米国市場の下落を受け日経平均も反落して前場を終了した。米金融機関のAIUや地銀の破綻を受けダウが大幅下落、依然金融騒動が落ち着かない感じだ。もっとも政府系二社の処理は政府主導で、、、というか政府が資本増強。民間の大手金融機関の資本増強策は今後も中東を中心に進むことになる。よって大きな混乱はないだろう。ここまでくると会計基準の変更や扱いで帳簿上での処理を変えるだけで維持していく企業も増えるだろう。ドル安の懸念も強いが対抗馬のEUの経済も米国経済の影響を受け次第に弱含みだ。金利もEUは天井圏で上げ余地はゼロ、一方ドルは金利引上げ局面を明らかに狙っている。この答えは再びユーロを売ってドルを買う=ドル高の構造になる。マネーの流れが変わることで経済の流れが変わる。金融支配の構図が拝金主義となっている象徴ともいえるだろう。圏外のジャパンマネーは利用されて捨てられる運命にある。株式市場だけを見てもそう感じるこのごろである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました