日経平均、急落で終了。

それにしても下げが止まらない。諸般の事情を考慮しても下げすぎだと思う。米系金融機関の破綻→ファニーメイといった政府系金融機関の危機→米地銀の連鎖破綻で済むかと思っていたが、ここにきてヘッジファンドの破綻も騒がれこれが換金売り→通貨の移動も重なり為替動向も不安定になってきた。年率30%を越えるファンドは裏返せば、ネジが逆回転すればそれだけリスクも増える。以前、LTCMが破綻してFRB出動の大騒ぎは記憶に新しいが今後もヘッジファンドは不安定要素となることは確実である。しかし解決救済策はひとつしかない。冷静に見定めて動きたいところだ。今晩のNY市場が混迷を極めると週明けは12000円割れの攻防となるがこの下げは個人も機関もすでに買えない水準である。さて、どうなるか??

コメント

タイトルとURLをコピーしました