日経平均反発して終了。

今朝の米国市場高や円安傾向を好感して日経は続伸。材料不足から心理的節目である9500円を越えるには力不足だった模様だ。まぁゆっくり行こうじゃないか?焦ることはないだろう。来月一杯で9500円を中心に9200円〜9700円程度のレンジで動くとチャート的には教科書的で美しいと思う。。下値不安が後退して買う向きが次第に増え物色意欲が強くなるとマーケットは賑やかさを増すだろう。東証二部や新興市場なども資金流入が途絶えて干ばつ状態だったが少しずつ改善方向にあることは心理的側面をフォーローアップするものとなるはずである。さて本日は場帳から9351東洋埠頭をアップしたい。超出遅銘柄であるから今後も出遅れのまま花咲かずして終わる可能性もある!が、、救いもある。1株純資産が220円越え配当はしっかりの年5円配当だ。倉庫業が主力で低利益ながら10年3月期も増益基調である。業績が緩慢であるため機関が遠ざける傾向にあるが、どこぞの3年先まで無配確定のような電機メーカーや自動車部品メーカーが200円、300円もするがこの東洋埠頭は本日終値133円である。繰り返すが配当は年換算で3.75%!あなたの住宅ローンのい金利は??というわけで長期推奨で利食い資金で仕込むには最適の銘柄である。目標株価は200円としたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました