日経平均続伸中・・・

GM問題が解決に向かい世界市場は総じて安心感が漂っている。たかが自動車会社一社でこの有りさま、グローバル化とはいったいどのようなものなのか考えさせる事態であったと思う。米国市場は一連の流れからダウ30種銘柄はGMとシティーが外され入替えて2社が採用となった。これでダウ平均の操作も政府としては非常にやりやすくなったことだろう。景況感とは関係なくダウ1万ドル台も早くやってくるだろう。日本もこの恩恵にあずかり当座は来年までブル相場が続こう。今夏の選挙が終わりそこからが日本市場のスタートである。さて本日は日経平均は小高く推移。材料的には達成感と織り込み済みが交錯。これ以上上げるには外部環境や円安方向の為替などの手助けが必要だ。5月に入り決算発表が概ね終わり機関は相次いでレイティングを発表。低位株といえども倍化銘柄がずいぶん出てきた。あわてずじっくり仕込みたい。トーヨーカネツや愛知電機、日本水産あたりはどこかがレイティングを付与すればそれだけで居所を変える水準にある。週末あたりは押し目を狙って仕込みたいところである。。そういえば三洋電機、250円を越えてきていい過熱感が出てきた。大台になったら売りから参戦予定である。GSユアサ、、これも当期、来期の利益を見たら腰が抜ける低水準である。なのに株価だけが高い。こうして言いなりの投資家の方がいるから利食い可能なので悪口は言えないのではあるが、、、。

コメント

タイトルとURLをコピーしました