日経平均続落で始まる。

ダウが軟調なことや利益確定機運が強く株式市場は総じて弱含みで推移している。選挙も終了し政権移行待ちで模様眺めが強い展開だ。ここ一年ほどの間に世界各国の政府は徹底した財政支出や景気対策で天文学的な数字の紙幣をばら撒いてきた。本来ならインフレの兆候が現れてもおかしくないが日本を中心にデフレの展開が続いている。経済学者やエコノミストも過去のデータや教科書が全く役に立たないことから発言がかなりぶれていることを感じる人も多いだろう。政府は景気底打ち宣言に近いことをちらつかせているが実際はまだまだこれからであり景気対策が行き着けば再び失速しかねない危うい状況なのだ。ここまでを織り込んでいるのが今日の日経平均10200円割れである。。しかし政府がばら撒いた現金は世界中に滞留している。再び投機の機運を待っているのだ。しかも政治家も官僚もいろいろ意見はあろうが株価が高いに越したことが無いと今回は痛切に感じているはずである。税制のテコ入れや相続、贈与対策に株式投資を結び付けても効果の無いことも学んでいる。よって透明性の確保、機会平等などをタイトルにして株式投資などの機会を国がお金を使わずに後押しする可能性も出てくるだろう。来年には再びインフレ論議が活発化するはずである。そのとき株式市場は実態経済や成長性と関係無く上昇率に併せて上昇することになる。そのときあなたは目撃者となる。。やはり株は買いサイン連発なのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました