日経平均小幅反落も1万円台は維持して終了。

円ドルの動きが不安定なことや沖縄普天間問題、経済対策の確定を見極めたいなど市場参加者は様子見気分が強い一日だった。ここから上値を追うに材料が必要だがクリスマス休暇や年末を見据えて換金売りもチラホラ出ている模様。国内を見渡せば税収35兆円に対して赤字国債53兆円超と完全にギブアップのニッポンだが米国をはじめこも財政出動はハンパではない。日本も追随すべきだろう。実儒不足は概算で約40兆円、よって経済対策で7兆円程度出しても焼け石に水である。新聞マスコミはこぞって財政問題は史上空前の規模で・・と連呼するが民間需要が減退しているのだから赤字を切っても財政でテコ入れするのが経済対策の基本というものである。そでなければ日本経済は取り返しのつかぬ泥沼にはまるだろう。。その出費の出口を高らかにマスコミは騒ぐがこれは世界同時インフレで整理すればよいのだ。すでに資源価格はデフレ下でありながら急騰している。モノが安いのは人件費を削っているだけでいずれ限界がくる。この答えはインフレでありまともな経済の導火線と成り得るものだ。。そうすれば株価も不動産価格もすべて上向く。それでいいと思うのだが日本の動きは余りにも遅い、円が200円を越えてからでは遅いと思うのだが主不在の日本政府はひたすら痩せこけていくのかもしれない。筆者の皆さんは株式、不動産、金現物、外貨預金などで分散ヘッジすればよい。いまならまだ間に合う。次世代に相応の資産を残せるのではないだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました