日経平均続落で終了。

日経平均は高値警戒感と利益確定の売りが出て続落して終了した。JALは今晩、民事再生法を申請するが事実上株主責任も問われ100減資、上場廃止の運命が確定した。これによる個人の損害は甚大だがこれが相場に与える影響は限定的だ。しかし株式市場に個人投資家を取り込むといった観点から見ればマイナス要因と思う。筆頭株主の東急電鉄はいつの間にか77円で全部売り抜けていた、、インサーダーではないそうだ。。笑 しかし同社もJALの株式で100億の特損を計上しているからおとがめ無しだろう。アメリカなら相当叩かれる案件だが。お騒がせの陸山会、小沢献金問題はいよいよクライマックスだが国民の目は冷ややか、マスコミも朝日10ch連合以外は叩きに回っているが、これも国民の支持は得られまい。鳩山献金問題もそうだったが野党自民党が息を吐くだけで国民の目線は冷たい。いわゆるサプライズでも発生しない限りどんでん返しは無いのではないか?仮に小沢が逮捕されても民主党政権にとっては実は軽微な影響に終わる可能性が高いと推測している。円相場の動きも小動き、NYダウ市場は休日で日本市場は模様眺めが強い一日だったと思う。明日以降もNY市場に引きずられ強弱拮抗の相場展開だが年金資金、海外勢の買い観測もあり下値不安は少ないと思われる。以上小見出しに終始、乱文ご容赦されたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました