日経平均反発して始まる。

世界的?なギリシャ支援を好感してトップバッターの日本市場だが今晩の米国市場を見てからでないと動けない悲しい性の中、打診買いと買い戻しで反発している。ユーロ圏内では、そもそも事の端を発した米国の「格付け会社」を規制する動きに出る模様だ、、その格付けの根拠や裏づけを示せと言う内容だ。今回もこの騒ぎで空売りで儲けたファンドが相当あると言われる。実態経済の方向はは正しいが雰囲気でレーティングを決めていたら許せん!という訳だ。。。たしかにそう思う。いまやスペイン、ポルトガル、イタリアも同様の火種を抱えているからね。
さてこういった中、日本円はプレーヤーになれないギャラリーとして円が買われ再び90円割れに、、。国内を見れば国債の消化難がささやかれている中、異常に強すぎる円が反転して円安になるのはいつのことか?売れない国債は必ず日銀が直接買い込むことになるからこの段階で円資産はドル、ユーロに移すべきだろう。ゴールド=金現物でも良い。円が大きく崩れたら、ドル、ユーロから円に戻し大きく下がった日本市場で株を買うのがこれから20年の資産を最大化させるプログラムだろう。それまでは中低位株で細かく稼ぐ予定である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました