日経平均プラス引けで終了。

上げたといっても下げの一部を戻しただけだ。1万円回復が喫緊の課題だが世界経済に揺さぶられる日本市場にその選択肢は無い、、、まことに残念だが。為替動向も同様にやや円安に、、しかし90円近辺で推移している。ユーロ、ドルが総崩れ観測で円が買われているが別に円が魅力があって買われているだけではない。財政状況は発端となったギリシャ以下であるし何と言っても政治は司令塔不在で非常に厳しい。いま北朝鮮から一発くらっても恐らく何もできないだろう。逆に沖縄の普天間問題などが片付き一気に進展してよいかもしれないが。といった具合で他力本願の日本国だが時間の経過とともに市場は材料を織り込み株価は上昇すると見ている。信用取り組みに相当の追証が発生しているが現物組は雨宿りとしたい。最近話題のゴールド=金は先週の4日続落分を奇麗に埋めた。しばらくこの水準で推移し夏以降に本格上昇することとなるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました