日経平均、反発して推移。

前場は寄り付きから買い気配で始まり日経平均は180円を超える上げで推移している。特段材料は無いが端的に割安感が強いから、、とまとめるのが正解だろう。世界の余剰資金はすべてキャッシュのまま。更に米国政府も当分の間は毎年1兆ドルはドル札を刷りまくる環境にある、、というか刷らないと国が傾いてしまうのだ。よって、どこかの誰かがそのドルを持つということになる。巨大化した金融市場だが投資家はとりあえず、一度はドル札を手にしないとこの金融不安は落ち着かない。であるから、では一度はドル札を抱えてもらいましょうというのがいまの世界金融のトレンドである。よって貸した金が戻り落ち着けば当然、投資の話=運用方法に話は進む、、その先はわからないがさらなる投資活動が必ず始まるはずである。これキャッシュからモノへの転換であり、消費とは言えぬ運用=投機となることは歴史が証明している。バブル化への道筋は確実に進行している。面白い時代がやってくると思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました