日経平均続伸で終了。

内外の情勢、国内の政局を織り込み日経平均は続伸した。日経平均は一進一退だがこれで良いと思われる。目先天井感が強く節目の1万円台が頭だが待機資金=キャッシュポジションの大きさを考えればここは買いの水準になる日も遠くないだろう。四季報をとくとご覧いただきたいが、とにかく自己株が筆頭の会社が多い事。無借金会社が多い事。更に配当が高利回りで株価は1株純資産割れ、、これがいまの株式市場である。無尽蔵な政府によるキャッシュのバラマキでいずれはジリジリ通貨不安=インフレがやってくる。なのにいまの株式市場はデフレ一色である。トレンドが変わるには少しの時間を要するが再び株式市場に流入する通常経済の時期も早晩くるはずである。では良く日経平均はいくらまで行くのか?という議論になるがこれからの日本経済はグローバル化の中で世界にアジアに出て行ける企業に限ってくるので、この日経平均=もの指しがいずれ役立たずになり個別物色の時代が来ることも忘れてはならない。四季報で中国、海外、、、といったコメントのページに付箋をつけてみるといいと思う。時代が大きく変わり始める入り口に、いま日本は位置しているのではないか?。

コメント

タイトルとURLをコピーしました