日経平均反落で始まる。

昨日の日本国債格下げこれを受けての為替市場が円安に振れないといった失望もあり日経平均は小幅反落して推移している。今朝の米国市場も小高く終わったことも高値警戒感を誘い買い方に気迷い気分もある。週末でもあり今日の日本市場は弱含みで終わるものと思われる。一方、日経トップにもあるように日本市場の格安株価に着目した外資系が日本法人や支社を通じてスタッフを増強するといった記事が目に引いた。新興市場、特に対中国市場において日本企業が恩恵を受けるといった観測からである。それならそれで外資に買い上げてもらうことも良いだろう。3月決算発表に向けて配当取りの動きもあり日本市場はやや、、やや明るさを取り戻している。大きく売り込まれたまま株価が戻してい銘柄も散見される。丁寧なスクリーニングでしっかりとポートフォリオを構築したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました