世界経済混乱の中でゴールドが史上最高値を更新。

ついにやってきた1オンス1500ドル台。9.11の同時テロ以降米国の覇権が揺らぎドルの信認が揺れる中、金=ゴールドは確実に買われてきた。ドルの退避先とされたユーロも所帯が大きくなったことで米ドルに十分対抗できる規模となった一方でギリシャ、スペイン、ポルトガルを始め財政運営がデタラメな国も背負い込むことで混乱している。これが世界同時通貨不信となっていることは明らかだ。更に金融のグローバル化の中で中国、インドを始め遅ればせながら高度経済成長が始まりインフレ懸念はインフレの現実渦中にある。これがインフレヘッジに強いゴールドへシフトしているのだ。また世界の金融は食料も資源も何もかも証券化しETFといった派生商品を組成し資金を吸い上げている。これが更なる物価上昇を生みインフレを生むといった循環が世界で同時に起きている。金価格が大きく上昇した背景に金ETFの登場が一役買っていることも見逃せない事実だろう。ではこれからどうなるのか?これは誰にもわからない。。が、しかしインフレ上昇分を加味すると1オンス2200ドルという説もあり中国が一昨年解禁したゴールド積み立て口座などの積み立てが大幅な需要を生むことは確実でいずれは1オンス3000ドル、4000ドルもありかもしれない。国内価格は円高の影響で1g4200円、、ずいぶん高くなったが1g5500円が年内到達価格との推測である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました