日経平均小動きで推移。

野田内閣発足で新規巻き直しだが市場の評価はゼロである。概ね大衆の動向もイコールだろう。問題山積みの現在の状況打開に向けて能力が査定出来ないからだ。議院内閣制は政党を選ぶことで自動的に与党の党首が首相になってしまう。すでに民主党には日本を支える政治家がいない。さりとて自民党も同じだ。大阪の橋本知事がまるで学級委員を選ぶようなやり方だと痛烈に述べているが全く同感である。すでに戦後60年余り、、すべての仕組みが制度疲労を起している。憲法改正でも行って改革ニッポンがアピールできれば市場も好感するだろう。ここから先は経済が戻らない限り相場は行って来いの往来相場となるかもしれない。だとすれば小動きの規則性を探すことになる。当研究会でもチャートによる検証は随時行う予定である。いかなる状況であろうとも利益を狙いたいと思う。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました