日経平均9000円台を回復。

欧米問題を背景に通貨不信が増殖、円か買われ日本市場は冴えない展開が続いていたがユーロ圏の財政問題進展を好感して日経平均も大幅反発している。もっともユーロ圏の経済情勢は依然お粗末で時間稼ぎの域を出ないと思われる。米国も相当な経済策を取り景気浮揚を図るも不発続きだ。中国経済も明らかに黄色信号点燈中である。さて株式投資はあどうあるべきか?おおいに悩むところでもある。各社の財務に着目するなら明らかに買い参戦でよい。個別に見ても有配、チャート底入れが確認できれば買いで良いだろう。ただし株式投資に付きものの成長性などを軸足に考えるととてもではないが買えない水準にある。困った問題だ。ドル機軸通貨でありながらドルの価値は金融緩和の度に毀損して価値が薄れている。この状態でいくら運用益を出しても無駄ではないか?との発想もある。もっともな話だ。当座、短期で9500円、為替動向次第で大台回復となれば一旦キャッシュポジションを上げるのも方策かもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました