日経平均大幅続伸も出来高金額ともに停滞。

売りに売られた株式市場だが昨日、今日で一段落の気配だ。ただ出来高、金額とも低迷中に変わりない。連日の報道にもある通り本来安全とされる国債がユーロ圏内で信用が毀損、信用不安から金利が高騰するといった金融危機が全面にあるためだ。ECBでもIMFでも結構だがいずれかの巨大機関がすべてのリスクを負わないとこの問題は収束しないだろう。では収束するのか?その答えは?必ず収束する。ただ根拠無き借財の返済を根拠無き紙幣を印刷することによって整理するので当然だがインフレを招く。各国はインフレ防止に躍起だが実はこれだけが解決不能なのだ。しかしインフレ阻止のポーズだけはしっかり取らないと今後に影響する。だからここのところ世界各国の話がもたついているのだ、本音と建前が交錯しているからである。資本主義は壊れることは無い、これが結論である。しかし実態経済以上に拡大した米国発の金融工学なるものは米国自身の手で規制することになりつつある。よって中国のバブル崩壊懸念やユーロ圏の経済問題などを横目で見ながら投資活動をせざるを得ない。
ユーロ圏の騒動に見舞われて米国の不景気が報道されずにいるがこちらも相当問題を抱えている。日本とて同様、財政赤字は世界で最悪である。
しかし赤字は政府がすべて引き受けることになると思われるため一般個人レベルでは注意しながら投資活動をすることは安全ともいえる。特に日本市場は仕切りの悪さで安値放置されているが株価は相当安い。株価100円前後で有配当銘柄ならばどれを買っても◎と見ている。それが嫌と言う方には例えば、日本板硝子、マツダ、河合楽器、極東貿易あたりを推奨しておこうと思う。どちらも100円代前半に位置している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました