日経平均小動きで終了だが。。。

個別に見ると中低位株、小型株、仕手系株と活況だったようだ。為替動向が安定する中で次第に打診買いが増えていると見ている。ただ機関投資家をはじめ年金資金、外国人投資家などの腰は相変わらず重く市場への資金還流の動き鈍い。ユーロ圏の問題はEUとしてアメリカ並かそれ以上の金融緩和を行わないと経済指数以前のインフラとして非常に脆弱なのだが問題が大きくすぎて解決までには相応の年月を要する見込みだ。銀行の経営が不安定ではすべてが上手く運ばないからである。これはいつか日本を襲った金融危機に近い。しかし、必ず解決するのも事実で心理的に絶えうるかどうかの問題であろう。米国経済も第3次金融緩和(QE3)に向けて年央には必ず動き出すはずである。世界的金融緩和の流れは流れに乗れない日本だけがいてその他の国は紙幣を刷って刷って刷りまくっている。いままでの経済学ならばインフレを喚起し次第に景気回復に向かう道筋なのだが今回の世界的金融危機は資金が金融市場でだけ還流し株式、商品が買われ国債が買われている異常な事態も発生させてしまった、ある意味、想定外の事態なのだ。しかし資金の流れは概ね決まったといってもよい。個人レベルではゴールドに株式、不動産の投資で間違いなさそうである。今回の金融緩和がデフレからインフレに転換し物価上昇を伴うまでにはまだ当分時間がかかる、しかしマーケットはすでにすべてを織り込み始めている。だとすると現在の株価はまだ初動に過ぎないのではないか?いずれ買いが買いを呼び、上がるから買う、買うから上がるといった事象も出てくるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました