いよいよ明日から4月相場入り。

先週は配当権利落ちを埋めながらの底固い相場展開で終了した。。国内外を含め材料待ちの状態だが日銀による金融緩和、これによる円安で株価が上昇するトレンドが今後もしばらく続くだろう。世論に悪い円安議論があるがもう話題として受けなくなりつつある。1ドル150円といった話しになれば別だが数年内には無いものと見ている。直近でも円安傾向で特定の物に値上がりが見られるがこれが一般消費者の視点で高くなったと感じるまでにも数年はかかろう。一方、日銀によるインフレ政策の発動で株価、不動産価格などは先取りする形で更に上昇するはずだ。。資産インフレを起こし格差を作り旧来の富裕層を作り出す戦略なのだ。大げさな話だが株価、不動産価格を10倍にすれば相当のインパクトをもたらすということだ。勿論、給料も上がるが三倍程度だろう。気付かぬうちに国民は選別されていく。よってわれわれは株式投資で成功するしかないのだ。。どうだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました