日経平均小幅反落で終了。

日経平均は円高傾向を織り込みながら一進一退の動きで終了した。先週末に四季報、日経情報が発売になり市場コンセンサスや記事を受けたば売買も散見されている。材料難の中、中小小型株を丁寧に仕込む動きも出てきたようだ。何かの拍子で為替が10円も円安に振れたら日経平均は一気に3000円程度は上げる感じでもある。現在の水準は単なる押し目だ。安値で仕込むには好機と見ている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました