本日の売買(10月2日)その2

6632 JVCケンウッド 185円で30,000株ナンピン買い

先月カーナビが不振で第一四半期赤字を計上。これを材料に大手証券がパイオニア、クラリオンと同社の格下げ発表。一気に売られて株価は心理的節目である200円を割り込んできた。ポートフォリオ上に251円で3万株ホールドがあるため損切も考えたが財務内容に問題ないことや1株純資産も465円、配当も5円と現在の株価は割安と判断しナンピン買いとした。これで平均コストは218円となった。
2010年8月に株式の10対1の併合を行っているため現在の株価水準は当時の18円程度に相当する。同社の社員持ち株会は大きな損失を出し、周辺の株主は相当減損を迫られたことだろう。さらに2011年3月に併合後初の新株発行を公募で行っておりこちらも1株355円であるから半値水準だ。前にも書いたが株式併合の怖さはこういった形で現れることが多い。注意が必要だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました