日経平均、急落して終了。前日比610円安。

日経平均は昨日のダウ平均急落を受け先物主導で売りスタート。為替も1ドル100円台に突入すると一気に売りモードとなり終値は600円を超える下げで終了した。米国経済指標好転に目を付けたFRBが金融緩和縮小を開始したことが諸悪の根源だがFRBの政策として世界経済から俯瞰してみれば正しい行動ではある。リーマンショックを契機に類を見ない金融政策をどう終了させるかは新議長の新たなる仕事となるが今後も厳しい舵取りとなるだろう。たった毎月100兆円の減額をするだけで桁違いの世界株式の時価総額が消えて行くからである。金融緩和縮小は新興国からマネーを再び吸い上げ実態経済にも大きく水を刺すと考えられるので新興国の反発も徐々に強まるだろう。そもそも異次元の金融緩和を行った時点で出口などはないのに現在、米国の中央銀行は体裁と信用を守るポーズとして縮小政策を行っているようにしか思えてならない。時はすでに世界同時金融緩和進行中である。民間が仕出かした負債を一国、あるいはユーロ圏、米国、日本といった国々が肩代わり中なのだ。その負債など回収などできるはずがないのだ。ではこの答えとは?適温インフレの到来である。食糧、資源等の物価が次第に上昇し再び貧富の差が表れるのだ。日本などはその被害を受ける最大の国であると思う。今後は緩やかに円安が進む。そして物価も食品、資源等を中心に必ず上昇基調をたどるはずである。過年に日本人の経済動向調査において中流と感じる人が60%を超えていたという。これが一桁に落ちる時代が来るのだ。よってこの一桁以上に勝ち残るには投資戦略が欠かせない。株式と不動産投資である。海外投資もよかろう。呑気に年金支給の年齢など語っている方々は残念ながら次世代で生き残れない。しかしいまなら誰にでも大いなるチャンスが目の前にある。NISA口座も結構だが大きな魂胆で欲を持って投資活動に励みたいと思う。せっかく株式投資を行うのであるから億単位で利益を出すことをぜひ目標にしてほしいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました