国の借金1024兆円を越える。。

9日、財務省発表によるもの。これに政府保証の債券や地方債を入れるとゆうに1500兆円を越えているだろう。これは今後も増え続ける。いまは金利がゼロだからいいが仮に6%になったとすると金利だけで年100兆円を越え国家が破綻する…確かに理論上はそうだろう。。しかし、日本は債券大国であり世界のマネーは秒速よりはるかに早く流れている。。もはや数字のマジックに入っている段階であり国家破綻も世界経済も崩壊はしない。これが現実路線である。。デフォルトなど起きないのだ。。ただし、ゆるやかなインフレ、と言っても民間レベルでは痺れるような利率、例えば年率20%程度のことは起きるだろう。複利で計算すると恐ろしいことになる。。こうして国家は額面をいじらずに通貨の価値を無くす算段である。米国政府はその先頭を走るだろう。経済の歴史はインフレの歴史でもある。。では、これを乗り切るにはどうすればよいか?資産を次世代に継承するだけでよいなら、金=ゴールドが一番だろう。この機に乗じて、ひと稼ぎに興じるなら分散投資を選択し株式、不動産投資がよいとも思う。。面白い時代がやってくるのだと思う。どうせ100年後は全員、墓の中だ。大きく勝ち越して面白く生きようではないか?戦争が無くなったいま、マネーが最大の武器である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました