8月相場に突入。。

先月は方向感が定まらず売買はしないで終了した。第一四半期の数字はだいたい予想通り。しかし、日本人による日本株の買いが、外国人投資家の動きを止め連日模様眺めの展開であったように思う。年金資金の本格的な買いやNISAの買いが鮮明になれば外国人投資家も相乗りして日本市場は大きく上昇するものと解している。。これが日経平均、年金二万円の根拠でもある。一方、不吉な話で申し訳ないが、ここ数年、先進国を巻き込んだテロや要人の暗殺、天災等が起きていない。中国を見ただけでも、バブル崩壊を隠蔽し政権抗争はトップナインにまで拡大しており、全く予断を許さない。さらに食の問題から環境問題まで、すべての案件が崩壊している。これは飛行機で三時間しか離れていない隣国の話である。アベノミクス効果で個人投資家も大きく利益を上げている真っ最中だ。。少しだけ警戒心をもって売買に臨みたいところだ。過去の9、11の時も3、11の時も漠然とした安定感の中の出来事だったように思う。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました