節目割り込む日本市場。

米国ダウの下げや資源価格の下げを受けて日本市場も弱含みで推移して終了した。来週は心理的節目である15000円を維持出来るかが鍵を握るだろう。もっとも円安の恩恵を強く受ける主力銘柄は概ね良好、その下請け軍も堅調であるから底値は知れているだろう。デイトレや信用買いに傾注している個人投資家はキツイが現物組みは高見の見物でいいだろう。逆に余剰資金があれば、買いの好機であるとも言える。既報の通りニーサの上限引き上げに伴う需要が相当見込まれることや、意外や意外、年金資金の株式比率引き上げに伴う買いはいまだに行われていないことが判明している。いずれも株価を上昇させる材料だ。。慌てず取り組みたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました