日経平均下げ渋る展開で終値はプラス引けで終了。

主力銘柄の利益確定の動きと持ち高調整の動きから日経平均は下げで推移するも引けにかけて先物主導でプラス引けで終了した。ここ数日、手付かずの中低位銘柄や圏外に置かれていた小型銘柄の一部に初動の動きが見受けられている。循環物色の動きだと良いがいまだ定かではない。。東証一部でも半分位の銘柄は株高に沿った動きをしていないのも事実だ。有配当、一株純資産割れ低PERの銘柄は丁寧に拾えば利益も相応に取れるものと判断している。待機資金はまだまだありどの段階で出動は見極めが必要だが個人投資家としては絶好の買い場だろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました