日経平均、大幅反発して終了。

行って来いの、昨日、今日だがようやく落ち着いた感じだ。為替動向も織り込んだと見ている。後場、散発的に先物が買われ現物が追随する形だったが単純に日銀のETF介入もあったと思われる。既報の通り日本人の資産分配が預貯金から投資にゆるやかに進んでいることも株価にとっては支援材料だろう。1500兆円の個人金融資産のうち初めて投資信託の残高が100兆円を超えたとあった。低金利は当分続くとの判断から、インカムゲイン、キャピタルゲインの両方をとれる株式が人気化するのは自然の流れでもある。と言うか先進国世界標準を目指すならあと400兆円程度は株式市場に流れても不思議な話ではない。その時点での日経平均株価などは想定できないが大きな流れが生じているのは事実である。目先、生活感覚が物価上昇などの形で現れインフレを国民はジワリと感じ始めている。それに比べ株式市場はいまだデフレ状態だ。東証の時価総額がバブルを越え急落のサインが・・・といったニュースがあるがそれは余りにも知識不足の見解だ。バブル時と比べ上場銘柄は相当数入れ替わりさらにIT化の劇的進歩で人間の社会生活が根本から変わっているのに、どう比較できようか?1株純資産割れ、一桁PER、2%以上の配当、、、これだけでスクリーニングしても山ほど銘柄はある。日経平均は確かに8000円から2万円を超えたが、いまだ初動である。月足上でも兆し陽線がやっとでたところである。。ただ一本調子で進まないのが株式市場でもある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました