銘柄研究 2201 森永製菓

菓子製造大手。ハイチューのヒットで会社の業績は上向き。中国に進出するなど先は明るいと思われる。財務内容は1株純資産254円。配当は年6円と問題はない。昨年あたりまで無風状態で200円前後の往来相場だったがNISA資金等の初動資金が知名度のある同社に流入、株価は今月の17日に574円まで上昇を見せた。フェンシングで金メダルを取った太田選手の所属会社であることも後押ししてご祝儀相場の感も強かったと思われる。こうして見ると株式投資の銘柄選びとは、いかに人気投票に近い要素も左右するかが良くわかる。では同社の株価は低位株に当てはめて見るとどうだろうか?PERは32倍を超え、PBRも2,23倍と割高感が強い。これを受けて信用売買の受給が好転、空売りが増え貸借倍率は1倍を切っている。これが唯一の株価支援材料だろうか。しかし月足ベースで見ても、材料無き相場には必ず落としどころがやってくる。当研究会としては信用売買はしない現物主義なので圏外な話になるが、こういった場合は空売りから入るのが妥当だろう。。。当然のことながら高値追いの買いなどはあり得なく見送りが正解だろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました