週明け、日経平均18500円を追う展開と。

メディアが騒がしい。日経平均は週明け下値追いの展開でアナリスト平均で18500円だという。節目としてはそのあたりかもしれない。。追証の発生も相当数が予想されるため予断を許さない。ただ現在の株式相場は金融相場に業績相場が乗っているだけであり、いずれ反転する。今後のインフレを前提とする相場形成を標榜するとの仮説ならば、今回の下げは絶好の押し目となるはずだ。中国相場も同様だ。。苦しいのは米国のFRBだ。金利引き上げを目論むが少なくとも年内は議論すらできないだろう。底割れする事態は想定しにくいが日本を始め更なる金融緩和を行う可能性すらある。ホルダーは静観姿勢でいいだろう。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました