日経平均、前場小幅続落もTOPIXはプラス転換。

日経平均は今朝のシカゴ先物を受け小幅続落、ただTOPIXはプラスに転換している。SQも無事通過、波乱なく通過予定だ。。後場、中国市場眺めの展開になるが個別で打診買いが見られ、大きく売り込む動きはない。昨日の関東地方の水害を受け一部で工場の操業停止や被害も出ている模様だが影響は軽微と見ている。後場も小動きとなるだろう。日本市場は19日〜23日がシルバーウイークで休場。開けてすぐに中間決算に伴う配当の権利確定も待っている。中国経済の減速が明らかになる中、それでも中小型銘柄にまではまだ影響は出ておらす上方修正も目立ちそうだ。米国の金利引上げ動向がすべてを握る妙な相場展開となっている。逆に冷静に見ると21000円台からの今回の急落劇での押し目として捉えると日本市場にとっては次へのステップの足掛かりとなり良い地ならしとなるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました