日経平均、前場250円安で推移。

米国の金融政策は変更されることなく現状維持だった。予定通りだったことになる。これを受け米国市場は前日の上げもあり反落して終了している。日本市場は日経先物が20円安だったが今日は寄り付きから250円程度下げて推移している。シルバーウイークを控えとりあえずキャッシュポジションを上げる動きと円高による売りが背景にある。。とりあえず利益確定の売り、、、とニュースには出ているがこの段階で250円も下げて利益が出る?とはいったい誰なのか疑問に思ってしまった。原稿がパターン化してずれた発表はここ数か月で増えたような気がする。週明け金曜日には中間配当の権利確定日も入るため大きく下げることなく推移するだろう。上海市場はとりあえずプラス圏で維持しているが、この一連の下げで犯人捜しを中国当局が行っているとの話もあり商いは相当細っているという。市場は市場に任せろということなのだが、とにかく上意下達の国はまだまだこれからである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました