日経平均、反落で前場推移。

権利配当落ち分へ日経平均換算で100円強と言う。よって寄り付きからの下げは実質マイナスと言うことだ。VW問題がもたらした問題は意外と大きく世界の自動車各社、部品メーカーに影を落としている。早晩、織り込む材料ではあるが政治的思惑からVWが叩かれているように見えなくもない。日本市場としては静観の構えだ。先週金曜日に日銀総裁と首相官邸で総理との会合が持たれたというが、これまでの報告とは別に、今後の経済対策、、わかりやすく言うと今後の日銀の金融緩和に話が出たことだろう。。消息筋は内容を明らかにしていない。ただ来月、郵政関連3社が上場することから政府自ら市場の需給悪化を行うことはなく、すべては時間の問題といったところと思われる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました