日経平均、大幅続落で終了。

週明けの日経平均は2日続落で、下げ幅は2日で500円を超えている。さしたる理由はなく、景況感の悪化が大きいのだろう。機械受注統計や海運のバルチック指数も低迷を続けていることも引き金と思われる。。材料難の中、悪材料にはすばやく反応、、三井住友建設は基礎工事測量問題が発現、低位株ながらストップ安の100円割れ目前。東洋ゴムも同様も別件だが同内容で下げている。転換を発行計画の岩谷産業や下方修正の三協立山も下げがきつい。日本山村硝子は上方修正だが地合いの悪化を受け小幅高で終了した。。さて、明日は反発するだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました