日経平均、高値圏で推移。

日経平均は12月相場に突入、2万円を挟んで強含みで終了した。米国の金融引締め=金利引上げが、円安をもたらすとの思惑から日本市場は恩恵大との判断があるからだろう。資源エネルギー安も製造業を中心に原価低減で利益増につながり業績に与えるプラスのインパクトは大きいとの判断がマーケットを席巻しているためだ。早くも3月末には22000円の声も出てきた。言うのは簡単だからもんはない。
波に乗って利益を取るチャンスでもある。ただ、いくらかの警戒も必要になってきている。。一発、事が起きれば表層雪崩のような現象が起きても不思議ではない。。高値圏こそ注意が肝心だとおもう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました