日経平均、19000円を維持して終了。

寄り付きから心理的節目である19000円を割り込むとの思惑が強かったが終値は維持して終了した。高値からの下げで割安感が強い銘柄を拾う動きに加え、日銀のETFを買う動きが下値を支えた模様だ。昨日も日銀は350億円以上の買いを入れている。今回も同様だろう。今後も欧米市場を睨みながら20000円をトップに往来相場になると見ている。一言で居心地のいい価格帯になるだろう。。来週は四季報、日経情報の発売がある。ポジティブなコメントが材料化することもある。年末ラリーはまだしばらく続くだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました