日経平均、続落後も急落で推移。

日経平均は原油安を受けドルが売られ円高傾向に。今朝の米国市場安も受け一気に下げ幅を広めている。13時現在477円安、17273円で推移している。日銀のマイナス金利導入における実態経済のプラスとマイナス面を市場は織り込めずにいる。もっとも今日の日経にもあるように大企業の預金には金利ゼロでは無いものの口座管理費といった名目で手数料を取ることで実質マイナスに持ち込む算段のようだ。中国経済の減速で鉄鋼、金属、非鉄、素材あたりも原材料が下がり始めており素材から製品まで幅広く扱う大企業にとってはマイナス面だけが誇張されているように思う。株安が続くが昨年秋以降、日本経済にさしたる原因や問題が発生しているだけであり単純に株価は安いと判断していいいだろう。国内経済の雰囲気も次第にゼロ金利に対する対策を取り始める企業も出始めており株価には好影響と見ている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました