日経平均6日続落。

連休中、為替が1ドル105円を付けたので日経平均急落も覚悟したが意外なや小幅続落で終了した。105円以降の円高は日銀による為替介入が想定されていたためだ。これを逆手に円の買い戻しが進み107円台を維持したことが今日の日経平均を維持したことの根元だろう。円高=業績悪化の公式が出来上がっている証左でもある。週明けは買い戻しスタートで小高く推移するものと予想している。安値拾いで問題無いが、タカタ等は当然見送りが正解だろう。念のため付近する次第である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました