月曜は打診買いが入るか否か。

週明けの月曜は模様眺めの展開からスタートだろう。株主総会も3月期の会社はほぼ終わり、ここからが実質新年度入りだ。
すべては為替動向次第だが、大きな押し目は無いと見ている。
ひとつは世界の株式市場の中で日本だけ戻りが弱い。特段の理由は無いが手が回らないのだろう。
さらに今週はどうでも良い米国の各種経済指標の発表もあり動きにくいこともある。
本来なら日銀の大規模金融緩和を期待したいが不透明だ。
ただ、世界経済が次第にスローダウンする中で欧米はぼちぼち金融緩和を再開するはずだ。
いまは国債や各種債権を買い漁っているがこちらも売り切れ続出で買うものがない。
マイナス金利戻り将来のプラスを期待して買っているが薄利でありながらリスクは次第に増している。
さて、どう動くか今週も細かくウオッチしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました